24期の第10回同期会を開催しました

24期(S51年卒)の第10回同期会(10年連続)を,2017年1月27日(金)に新宿三丁目で開催しました.今回も,遠く富山や盛岡から駆け付けてくれたメンバー,二次会モードになってから顔を出してくれたメンバーを含め,総勢15名が勢揃いしました.前会は投資の話,前々回は大病の話で,我々の世代に大いに役に立つ情報満載でしたが,今回のスピーチMVPはまちがいなく「不整脈は治る」だと思います.スピーチにおける「治る前」の結構ヤバイと思われる状況説明に一同釘付けになりました.(よい病院があるとのこと)
これからも「1月最後の金曜日は同期会,8月最後の金曜日は土木会」を合言葉に,飲み続けていく所存です.(24期幹事 近藤)

カテゴリ:

「第21回TMU土木構造研究会および総会」開催報告

2017年2月15日(水)に第21回TMU土木構造研究会・総会が,会員18名のご参加を得て,秋葉原サテライトキャンパスにて開催されました.
研究会では,林帆先生(雲南大学講師)より「中国における橋梁建設の最近の話題」についてご講演をいただき,最新の長大橋プロジェクトや,橋梁設計の考え方などについて,活発な質疑・意見交換が行われました.
総会では,役員・幹事会メンバーの交替が提案され,ご承認をいただきました.
新会長に入部孝夫様(S56年院修,(株)東京鐵骨橋梁),新副会長に山田稔様(S55年学卒,(株)平設計),村越潤先生(首都大学東京教授)が選出されました.
ご参加いただいた皆様に,この場をお借りして感謝申し上げます.

カテゴリ:

若手卒業生と学生との交流会

2017年度

「若手卒業生と学生との交流会」の開催について

 首都大学東京土木会では,都市基盤環境コースの卒業生が,土木に対する高いモチベーションをもち,意欲的に活躍する人物となるための企画として「若手卒業生と学生との交流会」を,下記のとおり開催します.

 学生が5年後の自分を想像できるような情報を,学生に直接伝えることがコンセプトであり,昨年度はじめて開催し,好評を博したイベントです.

 若手卒業生の皆さんのなかで,この若手交流会に参加し,学生との意見交換をご希望の方は,土木会事務局(dobokukai@tmu.ac.jp)までメールでお申込みください.
                    記
日時  : 2017(H29)年10月12日(木) 15:30~
会場  : 首都大学東京 南大沢キャンパス
募集対象: 若手卒業生(30歳以下を想定)
募集期間: 2017(H29)年8月31(木)
内容  : 仕事に関する話題提供の後に意見交換
備考  : 若手交流会の終了後に「土木バーベキュー」が開催されます.

「宇治研究室10周年記念OB会」を開催

 首都大学東京 宇治研究室は、今年で10周年を迎えました。また、宇治先生も還暦を迎えられ下記のとおり、10周年記念OB会を開催いたしました。

日時:2016年9月3日(土)17時
会場:「ルヴェソン ヴェール南大沢」
   首都大学東京 国際交流会館内

宇治先生から

おわりに

平成28年度 土木会総会

平成28年度土木会総会

日 時:平成28年8月26日(金)18時30分~21時00分
場 所:首都大学東京南大沢キャンパス 国際交流会館 [アクセス]
会 費:6000円(当日受付にて徴収)
特別講演:末岡 眞純氏(22期)「アウトバーンに学ぶ」

特別講演

総会

研究室紹介

おわりに

FBL2016:新東名高速・海老名南JCTほか建設現場見学に行きました

一昨年から実施しておりますFBL(Field Based Learning)の一環で,現在建設中の新東名高速道路・海老名南JCTと厚木南ICの現場に見学して参りました.

中日本高速道路東京支社および同厚木工事事務所の関係各位の皆様には大変お世話になりました.ここに感謝申し上げます.

今回は,都市環境学部都市基盤環境コースの学部2年生54名と,引率教員として小田義也准教授および土門の合計56名が,南大沢キャンパスから大型バスを貸し切って行きました.天候にも比較的恵まれ,とても充実した見学会でした.

とくに学生にとっては現場見学初体験であったようです.教室では見られないほど(?)の熱心さで現場の方々に質問する様子や熱心にメモを取る姿勢を見て,正直驚いた次第です.

<以下,現場関係者からのコメント(メール抜粋)>
・学生の皆様の熱心な質問が多く、非常に関心が高い事業を担っていると改めて感じた次第です。また機会があればぜひ来ていただければと思いますし、当事務所唯一のトンネル工事が始まりましたらぜひお越し願いたいと思います。

平成28年度幹事会

平成28年度 首都大学東京土木会 幹事会
日 時:平成28年5月31日(火)19時~21時
場 所:首都大学東京 南大沢キャンパス 12号館 105教室

  • 1.平成27年度事業報告
  • 2.平成27年度決算報告(案)および監査報告
  • 3.平成28年度役員の変更(案)
  • 4.平成28年度事業計画(案)
  • 5.平成28年度予算(案)
  • 6.「住所変更調査」「会費徴収」に関する件
  • 7.平成29年度役員(案)
  • 8.その他

首都大学東京土木会 事務局便り( No.2-2016 )

首都大学東京土木会 事務局便り( No.2-2016 )

首都大学東京土木会 運営幹事・年次幹事の皆様へ

 みずみずしい新緑の好季節と成りましたが、皆々様お変わりございませんか。 首都大学東京土木会は4月1日より平成28年度のスタートをしました。 土木会の活動状況につきましてその概要をお知らせいたします。

1.平成28年度首都大学東京土木会役員体制

平成28年度第1回土木会運営幹事会

今年度、第一回の運営幹事会を開催しました。

日時: 平成28年4月26日(火)19時~
場所: 秋葉原サテライトキャンパス

議事概要:

  • 28年度役員の変更
  • 28年度運営幹事会の活動方針、各運営幹事の分担の確認
  • 27年度活動報告
    (27年度土木会総会、土木会会報の発行、会員名簿の発行、事務局便りの発行、住所調査の実施、土木会ホームページ・WEBシステム、在校生ガイダンス、土木BBQ、卒論・修論表彰選考など)
  • 会計関係(27年度決算、28年度予算)
  • 28年度活動計画(幹事会開催、総会開催、住所変更調査、会報の発行など)
     特に、今後の土木会の運営を持続可能なものとするために、学内運営幹事の土木会業務(住所変更調査、発送業務など)の負担軽減を図るための方策や年次幹事の役割などについて議論しました。

「第50回 都立大学地下研究会」開催される 

 平成27年11月6日(金),第50回都立大学地下研究会が飯田橋のインテリジェントロビー「ルコ」にて開催されました(出席者数:69名).
 第50回を記念して,当会前代表である今田徹先生(昭和35年卒業.東京都立大学名誉教授)に「事故そして老朽化-その底に流れるもの-」と題してご講演(独演)を頂きました.また,第50回を記念して,記念パンフレットを作成しますとともに,当会不定期刊行物MOLE第20号(寄せ書き集)も発行いたしました.

 当会の入会資格は,1)東京都立大学あるいは首都大学東京の卒業・修了生ならびに関係者(共同研究等),2)トンネル・地下空間関連業務従事者あるいはその経験者,3)当会にて話題提供にご協力いただける方,となっております.ご興味のある方は,事務局・土門 剛(首都大学東京)までお問い合わせください.