若手卒業生と学生との交流会を開催しました

若手卒業生と学生との交流会を開催しました。

IMG_3138.jpg  small_IMG_3168.jpg

 10月10日(木)の午後に南大沢キャンパスで4回目となる「若手卒業生と学生との交流会」を開催しました。 社会インフラの第一線で活躍する若手卒業生が、社会インフラの運営・整備・管理業務に関わる様々な仕事を自身の体験を踏まえて紹介しました。 学生が卒業して5年後の自分を想像できるような情報を学生に直接伝えることとし、土木会の若手を中心とした活動の柱とすることを目指しています。

 学部3年と修士1年の学生が約60名、卒業後5〜10年の卒業生12名が参加しました。 前半は卒業生からパネルディスカッション形式で就活や研究室での生活、会社で自分が担当する業務や会社生活、プライベートでの生活などについて話をしていただきました。 その後業種別のグループに分かれて学生とのフリートークをしました。 

2019年度土木会総会

2019年度土木会総会が開催されました。

201901.jpg

 2019年度の総会が8月30日(金)の18時から市ヶ谷駅前のアルカディア市ヶ谷で開催されました.卒業生,先生方に加えて学生会員も参加され、総勢59人の会員が参加されました。 昨年の総会は卒業生OBが18名と少なかったのですが、今年は40名の卒業生OBが出席されました。
 
 総会議案は、2018年度活動・会計報告,2019年度活動計画・予算案、2020年度役員候補案などであり,すべて原案どおり承認されました。 2020年度からの新役員体制は会長には末岡眞純氏(22期)、副会長は大野一昭氏(22期)が就任されます。

 引き続いて特別講演会が行われ、講師は加島聰氏(14期、元本四公団理事)にお願いし『明石海峡大橋と世界の吊橋』という演題で講演されました。 世界の近代吊橋の歴史から日本の長大吊橋技術が世界最長の明石海峡大橋の完成に至るまでの技術変遷をご自身の経験を基に講演されました。

会長挨拶

新しい時代 令和のスタートにあたって

首都大学東京土木会長 嶋田正大

2019年度土木会総会

2019年度の総会を以下のとおりに開催いたします。

日時:2019年8月30日(金曜日)

場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館) 
https://www.arcadia-jp.org/

プログラムは次の通り
・総会 18 : 00 〜 18 : 20 1F『吉野』

・特別講演会 18 : 30 〜 19 : 00 1F『吉野』
講師 : 加島 聰氏(14期、元本州四国連絡橋公団理事)
講演名:『 明石海峡大橋と世界の吊橋 』

・懇親会 19 : 00 〜 21 : 00 4F『鳳凰』

住所調査表の書式

今年度の住所調査用の書式です。

土木会第1回幹事会が開催されました

H29年度第1回の幹事会が6月1日,秋葉原サテライトキャンパスにおいて開催され,土木会事業の進め方や活動方針について審議されました.議題は以下のとおりです.
(1)H28年度事業報告
土木会総会の開催,会報の発行,会員名簿の発行,事務局便りの発行,住所調査の実施,土木会ウェブサイト・ウェブシステム,在校生ガイダンス,若手卒業生と学生との交流会,土木バーベキュー,卒論・修論表彰選考など
(2)H28年度決算報告
(3)H29年度役員の変更
(4)H29年度事業計画
運営,総会,その他
(5)H29年度予算
(6)土木会会則の改定
(7)住所変更調査,会費徴収
(8)H30年度役員
                                                     (H29年度副会長 近藤)

カテゴリ:

~2018年 土木会長 嶋田正大「皆様と共に土木会を次のステージへ!」

皆様と共に土木会を次のステージへ!

首都大学東京土木会長 嶋田正大

24期の第10回同期会を開催しました

24期(S51年卒)の第10回同期会(10年連続)を,2017年1月27日(金)に新宿三丁目で開催しました.今回も,遠く富山や盛岡から駆け付けてくれたメンバー,二次会モードになってから顔を出してくれたメンバーを含め,総勢15名が勢揃いしました.前会は投資の話,前々回は大病の話で,我々の世代に大いに役に立つ情報満載でしたが,今回のスピーチMVPはまちがいなく「不整脈は治る」だと思います.スピーチにおける「治る前」の結構ヤバイと思われる状況説明に一同釘付けになりました.(よい病院があるとのこと)
これからも「1月最後の金曜日は同期会,8月最後の金曜日は土木会」を合言葉に,飲み続けていく所存です.(24期幹事 近藤)

カテゴリ:

「第21回TMU土木構造研究会および総会」開催報告

2017年2月15日(水)に第21回TMU土木構造研究会・総会が,会員18名のご参加を得て,秋葉原サテライトキャンパスにて開催されました.
研究会では,林帆先生(雲南大学講師)より「中国における橋梁建設の最近の話題」についてご講演をいただき,最新の長大橋プロジェクトや,橋梁設計の考え方などについて,活発な質疑・意見交換が行われました.
総会では,役員・幹事会メンバーの交替が提案され,ご承認をいただきました.
新会長に入部孝夫様(S56年院修,(株)東京鐵骨橋梁),新副会長に山田稔様(S55年学卒,(株)平設計),村越潤先生(首都大学東京教授)が選出されました.
ご参加いただいた皆様に,この場をお借りして感謝申し上げます.

カテゴリ:

若手卒業生と学生との交流会

2017年度

「若手卒業生と学生との交流会」の開催について

 首都大学東京土木会では,都市基盤環境コースの卒業生が,土木に対する高いモチベーションをもち,意欲的に活躍する人物となるための企画として「若手卒業生と学生との交流会」を,下記のとおり開催します.

 学生が5年後の自分を想像できるような情報を,学生に直接伝えることがコンセプトであり,昨年度はじめて開催し,好評を博したイベントです.

 若手卒業生の皆さんのなかで,この若手交流会に参加し,学生との意見交換をご希望の方は,土木会事務局(dobokukai@tmu.ac.jp)までメールでお申込みください.
                    記
日時  : 2017(H29)年10月12日(木) 15:30~
会場  : 首都大学東京 南大沢キャンパス
募集対象: 若手卒業生(30歳以下を想定)
募集期間: 2017(H29)年8月31(木)
内容  : 仕事に関する話題提供の後に意見交換
備考  : 若手交流会の終了後に「土木バーベキュー」が開催されます.